2013年12月12日

猪瀬見苦しいぞ



猪瀬都知事が連日の厳しい質問におたおたしているね。

援軍のいない彼はピンチだ。

報酬を返納するとか云っているようだが、それも何だか幕引きを図っているようで

みっともないことこの上ない。

もはや議会での彼の立ち位置とてなく、自らを律することこそが都民への

責任の取り方ではないだろうか。

それだけ自信があるなら、一旦辞職して都民に信を問うべきだろう。

都議会委員会での追求には可哀相なくらいだったが、答弁はノラリクラリと
はぐらかしが多かったね。

「記憶にない」、昔のロッキード事件じゃあるまいし「記憶にございません」か。

ついこの間の事ではないか。

挨拶で交わした言葉、断片くらいは覚えているだろうよ。

5000万円の借用書も、にわか作りのようで貧弱だしね。

それでなんですか、騒がせた責任を感じてこれから一年間の給料を返上するだって? 

これも頓珍漢な事だね。

あなたの責任は徳田氏側から出た五千万円の意味、

この粗雑な借用書、挨拶内容などなどを都民・国民が納得の行く説明責任を果たす事。

説明責任と給料を交換取引に使われては困りますよ。

暑かったら「しっかりと説明しますから、背広を脱がせてください」とお願いしてみたらどうかね。

posted by 「有ストテレス」・ 「アリさま」 at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]