2013年10月26日

往生際が悪い

20120926_160526.jpg


まさに往生際が悪い、庶民が見ても見苦しい。
日本を代表する大手企業

みずほ銀行は日本のメガバンクの一角で日本有数の企業
それが有ろうことか、子会社を通じて暴力団に融資をしていた。

それが金額が巨額で数年前になされて、経営トップや役員会にも報告されていた。
発覚後、マスコミには経営トップは知らなかったと虚偽の会見

経営陣も知っていたことが発覚して、改めて謝罪会見。
「御免なさい、頭取以下経営陣は知っていました。ウソついて御免」

取引先には、コンプライアンスだとかガバナンスを厳しく求めるにも関わらず
己は、対象外でバレそうになっても子会社がやった事で、本体は知らなかった。

経営トップ知らなかっただと・・・?
言っている事と、遣っていることがチグハグで会見も二転三転

同様の事が、阪急阪神ホテルズでも発生している。
企業なり会社トップを擁護して守ろうと嘘をついて切り抜けようとする。

ボロが出そうになって、改めて事実を認めたり逃げ道が無くなりヤット
謝罪する往生際の悪さが目に留まる最近のニュース

「有ストテレス社」の様な会社ならいざ知らず、こんな大企業の方が
モラルが低いのである。



posted by 「有ストテレス」・ 「アリさま」 at 00:00| Comment(1) | 日記
この記事へのコメント

まだこんなメガバンクが存在していた 喝

経営責任は100倍返しだ!

メガバンクのみずほが反社会的勢力と決別できるのか?

他のメガバンクも身辺の清浄化をしなさいよ

今日は他人のみ明日は我が身ですぞ
Posted by 源氏蛍 at 2013年10月26日 10:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]