2013年10月24日

何か釈然としない言い訳




【大手ホテル メニューと異なる食材使用】

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131022/k10015461201000.html

阪急阪神ホテルズによりますと、メニューの表示と異なる食材を
使った料理を提供していたのは、大阪や京都、兵庫、東京にある
8つのホテルとホテル以外で運営する4つのレストランです。

平成18年から先月にかけて提供された47の料理のメニューで、
「ビーフステーキ」と表示しているのに「牛の脂を注入した牛肉」を
使用したり、「鮮魚」と表示しながら冷凍保存した魚を使ったり
していたということです。

これらの料理は結婚式のパーティーや弁当として提供されたことも
あったということです。

被害にあった皆様は、食材の味よりデパートのブランド名を食べて
満足していた訳ですな。

通ぶっている人も味覚も大したことは無いのですね。


posted by 「有ストテレス」・ 「アリさま」 at 00:00| Comment(3) | 日記
この記事へのコメント
思い出しますね、数年前の産地偽装や賞味期限改ざん・・・・ひどかったですね。 そしてそういうことがありながら、又々学んでいない国民性? 人間の舌なんて不確かなものです、レッテルに弱いからブランド自己満足します。
Posted by asagao007 at 2013年10月24日 06:30
asagao007さま
思い出しますね。
吉兆のおかみさん如何しているかな?
イロイロ批判されたが、未だに無くなりません。
米・ウナギ・馬刺し・シジミ・・・・。
年金生活の私は、産地より価格で購入します。
Posted by 「アリ様」 at 2013年10月24日 08:37

こんなのありですか??  ありなんですね

料理食材偽装でブランド価格でニコニコ顔
馬鹿にするな 喝

高級レストランは貧乏人はしったことねいです ハイ

阪急阪神ホテルズさんよ この飲食の世界から即退場!!

Posted by 源氏蛍 at 2013年10月24日 10:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]