2013年08月10日

殿下



第95回全国高校野球選手権大会・京都府代表
 
元プロ野球投手の太田幸司氏の息子で、福知山成美の主将を務める太田幸樹は
「父と同じグラウンドに立ててうれしい。

父に甲子園は目指すだけの価値があると言われてきたけど、その意味が分かった」と
感慨深げに話した。

幸司氏は1969年夏の決勝で三沢(青森)のエースとして松山商(愛媛)と対戦し、
0−0で延長十八回引き分け再試合となる名勝負を演じた。

背番号10の息子は自らと同じ右腕投手。
この日の練習をネット裏で見守った父は「主将としてチームをまとめ、悔いのない
戦いをしてほしい」とエールを送った。



20120902_100219.jpg
posted by 「有ストテレス」・ 「アリさま」 at 00:00| Comment(4) | 日記
この記事へのコメント

1969年の三沢と松山商の試合は覚えてます
三沢の太田投手と松山商の井上投手立派でしたね

太田投手は親子2代で甲子園出場でしょう アッパレ!!

福知山成美高の健闘と太田主将の活躍をを祈ります 
Posted by 源氏蛍 at 2013年08月10日 06:27
え〜そうだったんですかぁ〜  三沢に太田あり・・・・覚えています。
それにしても昨日は残念!!良い試合でしたけどね。 沖縄は勢いがありましたね。
Posted by asagao007 at 2013年08月12日 07:04
asagao007さま
残念でした。
太田選手は主将として、監督と投手の間の伝令として頑張っていました。
これで夏の野球は終わりました。
Posted by 「アリ様」 at 2013年08月12日 07:40
源氏蛍さま
福知山成美高は、検討しましたが、終盤守りに乱れが出て残念でした。
三沢の太田投手が熱投した頃もこんな暑さだったのだろうか?
それにしても凄い記録でした。
Posted by アリストテレス at 2013年08月12日 07:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]