2013年01月31日

体罰

また、またまたかと今度は全柔連での体罰不祥事が発覚した。

園田監督やコーチに対して、トップ選手15人が連名で暴力やパワーハラスメントを
受けたと日本オリンピック委員会(JOC)に訴状を出していた。

これだけの人数が被害を受けていたと言うのには驚きを感じる。
しかも、いくら柔道とはいえ、相手は女子ではないか。

女子に手を挙げるのは講道館柔道の祖、嘉納治五郎も墓場でおちおち眠れは
しないだろう。

「柔道」の「道」はなんであるか。

急遽、記者会見を開いた全柔連は歯切れが悪く、ここでも隠蔽工作が為され、
事実を葬っていた。

葬るといえば、スポーツ新聞では、軒並この件を大きく取り上げ一面に活字が
躍っていたが、園田監督やコーチの体罰は、なにも目新しい事ではなく、大会では、
良く眼にする光景であったと言う。

眼に余る、あまりの酷さに外国のコーチから注意されたと言う曰くつきのもので
あったそうな。

スポーツ記者なら誰しも知らないのがいないほどであると言うのだが、看過していた。
イジメもそうだが、看過するのも同罪であろう。

全柔連では園田監督などを戒告処分でお茶を濁そうとしているが、「覆水盆に帰らず」
わだかまりは解けないのではないかと思いはすれど、本心から出直すのなら見守るしかない。

隠蔽工作をした全柔連の処分は如何に!

posted by 「有ストテレス」・ 「アリさま」 at 00:00| Comment(1) | 日記
この記事へのコメント
日本柔道界がお荒れですぞ

全柔連の対応がなっとらん!!

この暴力事件で東京五輪招致がアキマヘンで・・
猪瀬知事どないしま?????



Posted by 源氏蛍 at 2013年01月31日 09:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]