2012年12月13日

この世は男とおなご



テレビで皆さんが知る「失楽園」の産みの親、渡辺純一を画面で見た。
75才の時からの4年間はやはり・・・

それでも、女性と触れあうべき・・・とのご意見。サンセー・マンセー
まったくごもっとも!!

男と女しかいない人の世です。
ひとりぽっちは、きっと寂しいもの。

そうでなくとも・・・とは先生の言葉。
責任を擦り付けるまでも無く同感!!

老いたからと手放すには、やはり惜しい「邪念」!!
素敵な方には、「素敵ですね」の声掛けもきっとWIN WINの関係。

その場は、茶を濁されても、きっと心にスイッチが入るもの。
それだと立派なナンパでしょうか。

若き日には、多少有ったような。
今は簡単に声掛けなんて、道を訪ねるくらい。

それも婆に道を尋ねるぐらい。ピチピチにはオドオドしてしまう。
それでもじわっと、凄く自然に沸き上がるでしょうか。

大切なトキメキは、心の中に秘めていたいものですが・・・
渡辺純一の新刊は「老いかたレッスン」で、さらに大胆に!!

トキメキのドキドキは、やはり若さと美しさの原動力。
今は、どうしてもその鼓動の振幅は高鳴らないもの。

どうでも良いと放り投げた瞬間に、恋はミイラに・・・フリーズドライ。
美しい方とすれ違ったら振り向けば良い。

遠くから近付くのなら、視線は外さない。
それだって立派なナンパ、視線は感じるもの・・・出来るなら快き印象で有りたいものですが。

ご縁があるなら、また何処かでと。
上手に優しく、そして強かにさり気なくが恋の作法の始まり。

やはり相手の気持ちを受け止める自分磨きも、きっとその前に・・・とも。
出来るなら「老いらく」なんて言葉も、無効にしてしまうエネルギーも大切でしょうか。

全ての老いは、個人差の中、自分だけはの思い込みが、一番!!
異性と逢ってワクワク・ドキドキ
posted by 「有ストテレス」・ 「アリさま」 at 00:00| Comment(1) | 日記
この記事へのコメント

パソコンの動作が鈍くなった
ご主人さまと比例してるのだろう
くそったれ おもろない

ナンパもトキメク気持ちって過去のことです
女性のすべてがボンヤリとしか映らない

ワクワクドキドキ感よ戻ってきてよ  
Posted by 源氏蛍 at 2012年12月13日 11:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]