2013年12月03日

倍返し



「半沢直樹」のドラマの終わりに憎い相手に「土下座」をさせるシーンがありますが、
この土下座をさせる者にとっては最高に痛快であり、土下座をさせられる者には
これ程の屈辱はありません。

この「土下座」の歴史は古く、その形こそ違え、その目的は同じです。
憎い相手を土下座させることは意地を貫いた最高の美酒に酔う気持ちなのでしょう。

月に人が立つ今の世の中でも、こうした「土下座」が未だに息ずいていることは、
そこに意地があり優越感が存在するからに他なりません。

いずれにしても私達人間は意地を良い方向に使いたいものです。
「アリ様」は、現役の様で現役でない仕事から離れると、その反動でしょうか。

ちょっとした他人とのもめごとも、現役の頃を思い出しなんて気楽なんだろう、
嫌なら逃げれば良い、解決しようがしまいが、なんら、たいした問題では無い
と思えて頑張りません。

こんな心がけでは駄目なのでしょうか。
引くことも戦いなのではと思えてきます。

ストレスをためない程度に明るくのびのび生活出来たらいいですね。
その代り極貧の生活です。

posted by 「有ストテレス」・ 「アリさま」 at 00:00| Comment(1) | 日記