2013年01月09日

はいチーズ

DSC_0219.jpg
だいたい写真には自分が思っているより悪く写るものです。
免許証の写真なぞまるで指名手配の写真を見ているようです。

それは写真に写るぞという意識で心持ち緊張し無表情で写すからでしょう。
何げなく写された写真に気に入ったものがあるものです。

女優やモデルなどの写真は見事に美しく撮られていますね。
あれは一枚だけの撮影ではなく、何枚も撮りながらいい表情が出るチャンスを待って
写されているからなのでしょう。

見合い写真などそれくらい時間と手間をかけて撮ってもらえれば、とてもいい表情の
写真ができるでしょうが、短い時間の間であれこれポーズをとらされ緊張がとれない内に
終了したんでは、その人の良さが写っているとは限りません。

先方が写真を見て、「このお嬢さんは、きれいな顔立ちだけどなんだか少し暗い感じね」
などとなりかねない。

「写真を写してもらう前に眼をつむって、自分が今まで経験したことのうちで一番
楽しかったことを心に描いて、その楽しい気持ちを思い出しながら写してもらうんです」

表情が写真のできばえを作りますから、心に描く楽しい想いがいい表情となり、いい写真になる。
「ハイ、チーズ」で作った表情より、自然なあなたらしさの写真になるに違いありません。

今度写真を写す時は・・
「ハンバ〜〜グゥ」は、如何でしょうか?

posted by 「有ストテレス」・ 「アリさま」 at 00:00| Comment(3) | 日記