2012年12月06日

フェルメール



オランダの画家・フェルメールが神戸にやってきました。
少女の謎めいた雰囲気から「北方のモナリザ」とも言われて、人気の高い作品で、誰しもが1度は
目にした事があるのではないでしょうか。

フェルメールの作品は、女性を描いたものが多く、目を楽しませてくれます。
神戸にやってきたことを知り気り話をしていたら、ある筋からチケットを頂いた。

夢が叶い、やっと会うことができました。ターバンのラピスラズリは想像していたより控え目な青でした。
あの瞳に見つめられたら、、やっぱり印象深い珠玉の作品ですね。

特別展以外にも大好きな旧居留地・神戸の歴史にまつわる展示があり、居留地に映える建物も美しく、
規模も丁度よく神戸らしい博物館です。


南京町で中華ランチフルコースで満足の一日
出来る事なら婆と観覧車でも乗りたかったY。

20111120_092625.jpg
posted by 「有ストテレス」・ 「アリさま」 at 00:00| Comment(1) | 日記