2012年11月14日

元気の出る話


20110226_135108.jpg
先般11日の「ジジ・ババコンペ」での事。
当日は、風雨が強く、ハーフで中止となった。

終了後のティーパーティの席で、中断となったので12月24日に再試合と決まった。
9月も台風の所為で、流会となり2回連続のコンペ不成立が理由

一緒にプレーしていたTさん、再試合の日が決まるとポケットからスマホを取り出して
スケジュール表のアプリを立ち上げ日程を入力するではないか。

「ひぇーーーーー ! 恐れ入りました 」
このTさん普通の爺ではなく、確か80才台の中頃のスーパー爺である。

ゴルフのティーマークもゴールドを使っていたから・・・・・。
最近の爺は元気である。 まさかアッチの方もスーパー爺かもしれません。

この爺さん、10年程前に喉のガンを患い、味覚と声を失うので切除手術を拒否し
医者に放射線の強さを指示して、放射線だけで治療して蘇った爺でもある。

今でも我々とプレーしても引けを取らずにラウンドします。
それに比べて、20年程若い「アリ様」の情けない事。

ついでにもう一人、70才台半ばのスーパー爺の話であるが、ドラバーは
「アリ様」をオーバードライブする。

ゴルフも凄いが、アッチも凄い。
クスリ(ヤクではありません)とゴム製品をポケットに忍ばせているのだ。

「アリ様」は、年齢的には小僧ですが、このお二人の馬力にはかないません。



posted by 「有ストテレス」・ 「アリさま」 at 00:00| Comment(2) | 日記