2012年10月19日

怖い婆


最近、殺人事件が多いですネ。
しかも、単なる怨恨ではなく、イロイロな猟奇的な殺人事件です。

角田(李)美代子被告(64)怖いオナゴです。
ヤクザを使ってやりたい放題で、身内も近所もブルブルと震え上がっていたそうな。

嫌ですねーこんな怖いオナゴ。
果して実態は何人殺して埋めていたのでしょうか?

報道によれば、主犯格 角田美代子(すでに逮捕ずみ)は、どうやら
在日韓国人であり創価学会員のようだ。

ネットの情報によると、角田美代子は数年前まで、関西で2軒のソープランドを
経営していた、羽振りの良い女だったらしい。

そして、いつも男達(暴力団員)を引き連れて街中を闊歩していたようだ。
何とも恐ろしい鬼畜のような人間である。

こういう在日韓国人が日本に住みついている以上、日本人は恐ろしい奴らの
標的となりまんまと騙され、すべてを失う結果となっている。

というか、警察は、在日の通名ではなく本名と国籍を公表するべきである!
TV局と新聞社は、犯罪者の角田美代子の顔を出せー!

TV局は、電通と創価の指示によって、意図的に角田の顔を出さないように
操作しているのだろう。

在日の連中が全て悪いとは思わないが、考え方が随分違うな痛感している。
姑息さが国民性としてあるような気がする。

チャイナや半島の人間は、親しくなりたくないです。
日本人と違って過激すぎる。

矢張りオナゴは、優しくて奥ゆかしい大和撫子が一番です。
まして婆は優しくないと見向きたくもない。

posted by 「有ストテレス」・ 「アリさま」 at 00:00| Comment(2) | 日記